耳の診察を受ける男の子

注目の記事

オススメリンク

耳の病気

シャボン玉をする子供

目尻のシワやほうれい線が気になる方はプラセンタを大阪の医院で点滴した方が良いですよ。ピンと張りのある肌になります。

突発性難聴とは、耳自体の器質的な障害がないにも関わらず、聞こえにくくなる病気の事です。一般的には症状は片側のみに生じます。主に50〜60代に多く発症し、男女差はありません。原因は不明ですが、高血圧や糖尿病、心疾患等の既往がある人が多く生活習慣病を指摘する人もいます。 突発性難聴の主な症状は片側のみに見られる難聴です。その他にめまいや吐き気、嘔吐といった症状が表れます。難聴の症状が出る前にめまいや吐き気の訴えが起こる人もいます。これらの症状が生じた場合、耳鼻咽喉科で診察、治療してもらう事が出来ます。上記の症状があり、他の疾患の可能性がないと判断された場合に突発性難聴と診断されます。突発性難聴は難病指定されており、保健所に申請をすれば、医療費の助成制度を受ける事が出来ます。

近年、突発性難聴の原因がウィルスや循環障害であるとする説を提唱する人が増えてきました。全てではありませんが、これらに対して治療をする事で改善したケースも存在しています。 ウィルスが原因であれば、ステロイド剤の点滴治療を行います。また循環障害では、内耳と呼ばれる鼓膜より内側の部分の血液循環が原因であると考えられています。この為、血管拡張剤の使用により症状が軽減するケースもあります。 しかし、これらの治療の効果は症状がある一部の人には効果がありますが、全ての人に効果があるという訳ではありません。一般的に、2週間以上症状が治らない場合や高齢者、回転性のめまいを生じる場合は予後が不良であると言われています。